4WDへのこだわり記事一覧

ランエボやWRXは高すぎて手が出ないけど、スポーティーな走りができる4WDが欲しいと思うとなかなか選択肢がありません。そんな中、スバルXVは絶妙なポジションにいます。SUVなので車高は少々高めだけどSUVにしては低い方で、オプションのルーフレールをつけなければ標準的なタワーパーキングにも停めることが出来ます。(標準的なタワーパーキングの場合は高さ制限が1.55mなので、背が高いSUVは停められない...

スバルの代名詞ともいうべきレガシーがアメリカで人気が出てきたため、モデルチェンジするたびに大型化して昔ながらのレガシーファンからは評判が悪くなる一方でした。そんな中、レガシーは大きくしたいけど、日本のスバルファンの声にも応えるためにスバルが出した答えは日本専用車の投入。スバルという会社の規模を考えれば日本専用車の投入というのは英断だったといえるでしょう。そして、いろいろな雑誌では軒並み評判が良い日...

車好きだったらやっぱり車はMTを選ぶと決まっているわけではありませんが、なんとなく「MTが好きな人が多そう」というイメージですね。個人的にはスバルでもMTのイメージが結構強かったけど、HPでラインナップの一覧を見るとMTの設定がある車ってかなり減ってますね。レヴォーグもレガシーもXVも、リニアトロニックと名づけられたCVT(ATの一種)のみしかないんですね。確かレガシーは今のモデルでも最初のほうが...

インプレッサから独立して一つの車種となった新型WRXには「S4」と「SIT」という2つのグレードが用意されています。カタログ上の違いは明確で、S4はベースグレードでCVTのみ、STIは上級グレードでMTのみというわかりやすい設定です。MTが欲しかったらSTIしかないし、走行性能にこだわらないならCVTのS4にしておけよ、という感じですね。S4にもMTの設定が欲しかったという声をよく聞きますが、そう...

「ぶつからない車」というキャッチコピーとともに有名になったスバルのアイサイト。簡単に言ってしまえば前を走っている車との距離を測ってぶつかりそうになったら車が自動でブレーキを踏んでくれるというものです。今でこそスバル以外でも珍しくなくなりましたが、やっぱり最初に有名になったのはスバルでしょうね。このアイサイト。最近になってから普及してきましたが、スバルとしてはかなり前から研究していて、ずっと前にレガ...

世界的に見ても例外的に日本ではハイブリッド車が流行っています。普通に走っていればトヨタのプリウスやアクアを見ない日はまずないですよね。石を当てればプリウス(アクア)に当たる、といってもいいくらいの状況ですが、これはこれで無個性というか、つまらないという気もします。ハイブリッドがないと自動車メーカーじゃないとう雰囲気すら漂いつつありましたが、そんな中スバルが販売している車でハイブリッドモデルがあるの...

日本の自動車メーカーの中で、スバルとマツダというのは何だか似たような立ち位置にいる会社に見えます。どちらも会社の規模はさほど大きくなく、車種も少なめ。ただし、燃費一辺倒ではなく運転する楽しさ、疲れにくさ、運転しやすさといった技術には定評があるといった点で似通っています。ネットで検索しても同じように思っている人は多いみたいですが、スバルがトヨタの傘下に入ってからイマイチという意見が結構目立ちますね。...

新型WRXが発売されましたが、S4、STIともにセダンのみの設定となっていて、ワゴンが欲しかったらレヴォーグを選択するしかありません(前からの見た目は同じですしね)。ただ、レヴォーグにはMTがないというのを残念に思っている人はかなりいるのではないでしょかうか。WRX STIにはMTがありますが(というかMTしなないですね)、レヴォーグはCVTのみです。CVTが嫌いという人もいますが、パドルシフトで...