スバルのAWD(4WD)について

一般世間のイメージとして、やはりスバルといえば4WDではないでしょうか。

トヨタならハイブリッド、マツダならロータリーエンジン(最近ならディーゼルエンジンですね)といった具合で、スバルなら4WDですね。

実際、製造販売している車種のうち4WDの割合ってかなり高いですよね。

というか、例外的にBRZがFRですが、その他の車種には全て4WDが設定されています。

4WDのみという車種も少なくありません。

車好きだったらやっぱりラリーで活躍したスバルの4WDというのも印象強いですね。

そんなスバルですが、なぜか4WDとは言わずAWDと言っています。

どちらも同じものなのですが、まぁ何かしらこだわりを持ってAWDと言っているのでしょう。

どこかの高級輸入車ブランドでもSUVのことをSUVとは言わずに違った呼び方をしていましたから、似たようなものでしょうか。

あと、スバルはシンメトリカルAWDと呼んでいますが、これはエンジンやその他もろもろの機械が左右対称に取り付けられているものです。

車っていろいろな部品が詰まっているので結構左右ばらばらに部品がついてるんですよね。

これが左右対称になっていることでバランス良くパワーを使うことが出来るというものですが、4WDに比べると知名度がもう一つといったところです。

車に詳しい人からは評判良いみたいですが、車に乗る人のほとんどは気にならないでしょうね。


スバルのスポーツカーと言えば

スバルのスポーツカーと言われて真っ先に思いつくのがWRX SIT(一昔前はインプレッサブランドでしたね)の人は少々歳をとっているかもしれません。

4WDのスバルというイメージとは逆に、今ではFRのBRZという2ドアスポーツクーペがありますから。

車に詳しく無い人(ラリーで活躍していたスバルを知らない人)からすると、BRZの方がイメージ強いかもしれないですね。

車好きだったらやっぱりWRCで活躍したイメージの方が強い、というか思い出深い?のではないでしょうか。

もっともスバルの場合、見た目がスポーツカーというのはWRXやBRZでしょうが、その他のレガシー、レヴォーグにしてもスポーツカーといっていいくらいの性能があると思います。

レガシーツーリングワゴンが出た当時は、個人的に「ワゴン車を速くして何がしたいの?」などと思ってしまいましたが、今思うと何も不思議に思わないですね。

荷物をたくさん積んだ状態でもキビキビ走れるというのはかなり実用性がありますし、パーツを交換してサーキット走行も出来ますから(サーキット走行しなくても公道を爽快に走りたい人も)車を何台も持てない人にはうってつけですね。

意識していたのかどうかはわかりませんが、結果的にスバルのブランドイメージはレガシーツーリングワゴンのおかげで出来上がったといっもていいのではないでしょうか。

車 高く売る